結婚指輪探し|薬指のサイズに合うものを見つける

リング

一生身につける指輪

人気の指輪

装飾品

結婚指輪は、夫婦にとって必要なものの一つです。二人が結婚している証を示すもので、基本的にはいつも左の薬指にはめています。昔は、夫婦で同じものということが当たり前でしたが、今はそんなことはありません。同じお店でそれぞれ自分が気に入ったものが選んだり、お互いに手作りをして贈りあったりとかなり自由になっています。特に手作りは、世界に一つだけということで、とても人気があります。また、女性側だけに関していえば、婚約指輪と結婚指輪を別々ではなく二つを一緒にした指輪を付ける人も多いです。シンプルな結婚指輪ではなく、ダイヤモンドをちりばめたエタニティリングのような、婚約指輪ほど派手ではないがきらびやかさあるものが人気があります。

気を付けること

結婚指輪は一生身につけるものなので、自分の気に入ったものであることは大前提です。しかし、体形の変化は誰にでも起こりうるものです。なので、お直しができるものが長く身に着けるために必要になってきます。前述のエタニティリングはとても人気ですが、ダイヤモンドが一周ぐるっとちりばめられているので、どうしてもお直しが難しいです。なので、その辺りも考慮をしながら指輪を選ぶことが大事です。また、手作りの結婚指輪はものによってはかなり高額になってしまうことがあります。デザインだけでなく、どんな金属にするか、ダイヤモンドなどを付けるか、予算の上限はいくらかなど、細かいところまで決めておくことで安心して製作をすることができます。